女性に嬉しい野菜 知られていない野菜の豆知識 野菜一覧

老化予防に効果的!?さやえんどうの栄養は嬉しい効能ばかり だった!さやえんどうの栄養素を引き出す保存法から食べ方まで

更新日:

シャキシャキとした歯ごたえが魅力的なさやえんどう。
私は料理に色をつけるために使っていましたが、
調べていて…「もったない使い方をしていたな」っと思いました。
脇役になりやすいさやえんどうですが、実はとても
優れた野菜だったんです。参考までにしてみてください。

さやえんどうの効果効能は?

さやえんどうは皮ごと食べることができる緑黄色野菜です。実が完熟する前に収穫するものがさやえんどう、
完熟したものがグリーンピースです。
さらにもっと前のスプラウトのうちに収穫したものが豆苗です。
栄養分をしてはβ-カロテンを多く含み、他にもビタミンC、ビタミンK、食物繊維なども豊富な野菜です。
β-カロテンは脂溶性ビタミンで、体内ではビタミンAにかえて働くこともできます。
老化防止や視力向上に期待できます。
ビタミンCはコラーゲンを作るのを助けてくれるので、見肌効果があると言われています。
ビタミンKは丈夫な骨を作るのに必要ですし、食物繊維は体の老廃物を排出しやすくするので、
便秘症の方にはぜひ摂取したい栄養素ですね。

美容にも嬉しいさやえんどう!その効果は?

β-カロテンには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去する働きがあります。
活性酸素を除去するということはいつまでも若々しくいられるということです。
女性にとってはとてもうれしい作用ですね。
また体内で変わったビタミンAは皮膚を新陳代謝を活発にする作用もあるのでニキビや肌荒れも予防してくれます。

さやえんどうの効果効能を引き出す食べ方、掛け合わせ食材、調理方法は?

さやえんどう最大の栄養素であるβ-カロテンは脂溶性ビタミンなので、
油と一緒に摂取することで効率よく体内に取り入れることができます。
また、卵やチーズ、もやし、豚肉などに含まれているビタミン6、ビタミン12と合わせることで代謝もよくなります。
もやし炒めや、卵とじなどは簡単にできて手軽に栄養を摂取できるメニューですね。
でも、ビタミンCは熱に弱いので、さやえんどうを加えるのは最後にしてください。

さやえんどうの効果効能を引き下げる食べ方、掛け合わせ食材、調理方法は?

β-カロテンは油と一緒に摂取することで効能を発揮するので、サラダのように生で食べることはあまりおすすめしません。
どうしてもサラダに加えたいなら、ドレッシングはオイル成分の含まれてるものを選びましょう。
また、ビタミンCが熱に弱いので、煮物などの長時間煮込んだりする料理には向きません。
色が悪くなり見た目も良くないので、さっと湯がいたものを最後に加える感じにするといいと思います。

良質なさやえんどうの見分け方は?

全体にハリがあり光沢のあるものがよいでしょう。ガクはピンとしていて白いひげがしっかりとついてるものは新鮮です。
実はほとんどないので元々薄いですが、あまりに薄くしんなりしたものは日にちが経ったものですから買うのは控えたほうがいいと思います。

さやえんどうをおススメできる人、おススメできない人、その特徴は?

さやえんどうには老化防止や、見肌効果にすぐれているので、とくに女性にはおすすめの食材です。
食物繊維も豊富なので、便秘に悩んでいる方にもおすすめです。
さやえんどうに含まれている食物繊維は不溶性食物繊維なので,腸内環境の改善にはとても役立ちます。
体内の活性酸素を除去してくれることから、疲労回復などにも効果があるので、積極的に採りたい食材です。
添えられてるだけでぱっと料理が華やかになりますので、ぜひ食卓にとりいれてください。

-女性に嬉しい野菜, 知られていない野菜の豆知識, 野菜一覧
-,

Copyright© 世界の野菜〜知って得する豆知識〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.