知られていない野菜の豆知識 野菜一覧

ぜんまいは〇〇をすると栄養が激減!?ぜんまいの効果効能を引き出すレシピは?

更新日:

山菜の代表格としての食材でもあります。
そして、アクの強さが際立つ野菜でもありますね。
手間のかかるアク抜きを省いてはいけない理由にも触れながらぜんまいの魅力を紹介していきます。

ぜんまいの期待できる効果効能とは?

不溶性食物繊維を多く含み、摂取すると水分を吸収して大きく膨らみます。
腸内の有害物質を吸着して便と一緒に排出するデトックス効果が期待できます。
さらに、糖質の吸収を抑制し、血糖値も下げてくれるので高血圧症の方には大変うれしい食材です。
また、ぜんまいは葉酸も多く含んでおり、
胎児のDNA調整や正常な細胞の増殖をサポートしてくれる働きがあるので妊婦さんは積極的な摂取をおすすめします。

ぜんまいの期待できる効果効能を引き出す食べ方、掛け合わせ食材、調理法は?

ぜんまいとニンジンを和え物にすると、干したことで失われたぜんまいのビタミンを補うことができます。
彩りも美しくなり、食欲も増しますね。また、ぜんまいときのこ入りのミルクリゾットもおススメです。
きのこが持つビタミンDがカルシウムの吸収を助けてくれるのでより健康的にぜんまいを楽しむことができます。

ぜんまいの期待できる効果効能を引き下げる食べ方、掛け合わせ食材、調理法は?

せっかく食べているのに知らずに栄養素を壊してしまう食べ合わせがあります。
和食にこだわるあまり、ぜんまいと納豆を一緒に食べたり、生のきゅうりの和え物などを添えていませんか?
大豆には、フィチン酸というカルシウムを分解する成分を含んでおり、
ぜんまいの持つ豊富なカルシウムを壊してしまいます。
また、生のきゅうりはアスコルビナーゼという酵素を持っており、
他の食材のビタミンCを壊してしまいます。
食べる時はぜんまいの煮物や天ぷら、炊き込みご飯など、火を加えて調理すれば酵素の働きは弱まります。

ぜんまいはアク抜きしないと食べれない?

ぜんまいはアク抜きしてから調理するのがもはや当たり前となっています。
残念ながらこの作業を怠ってしまうと、ぜんまいの持つアルカロイドの苦味がとても強く、
決して食べられたものではありません。しっかりとアク抜きすることで美味しさを引き出すことができます。
アク抜きしないまま食べてしまうと美味しくないだけではなく食後の不快感や、
嘔吐や下痢の症状を引き起こしてしまいます。

ぜんまいのアクを生かした調理法は無いの??

アク抜きをせずに調理ができれば扱いは大変簡単になるのですが、
ぜんまいの持つ苦味成分のチアミナーゼにはビタミンB1を分解してしまう作用があります。
加熱することでその活性は失われますが、やはり苦味と渋みが残りどんな味付けをしても食べにくいものです。
一手間かけることでぜんまいを美味しく健康的に食べることができると心得ましょう。

乾燥のぜんまい、生のぜんまいとどちらが栄養豊富?

生のぜんまいはビタミン類が豊富で民間療法として、利尿や造血作用に用いられることもあります。
しかし、乾燥させることでぜんまいの持つ栄養素は大きく変化します。ビタミン類は大幅に減ってしまうものの、
無機質やタンパク質はぐっと多くなります。特に注目すべきものはカリウムです。
体内の余分な塩分を排出してくれるので、高血圧の方に嬉しい野菜ですね。
お店では旬の季節になると干したものや水煮で売られています。

-知られていない野菜の豆知識, 野菜一覧
-, ,

Copyright© 世界の野菜〜知って得する豆知識〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.