ダイエット野菜 知られていない野菜の豆知識 野菜一覧

女性に嬉しい効果効能!えんどう豆の栄養素は 糖質が多いのにダイエット食材!?

更新日:

えんどう豆と言えばごはんと混ぜて頂く事が多い食材ですね。
また、炒めモノや煮物、ポタージュなどでも美味しく頂ける食材です。
そして、えんどう豆は糖質を主成分としている食材ですが、「ダイエット」にも効果が期待できると言われている食材です。「糖質が主成分なのにダイエット??」何か引っかかりますよね。
引っかかりを無くすべく、えんどう豆を調べてみました。

糖質が多いのにえんどう豆はダイエットに適している!?

えんどう豆はカロリーが148kcal(可熱食100gあたり)で、糖質の含有量は25.2gとカロリーは高く糖質が多い食材ですので摂りすぎは注意が必要です。
ここで注目すべきは、えんどう豆の栄養素には不溶性食物繊維の含有量が多いということです。
水に溶けにくい不溶性食物繊維は、水分を吸収して便の容積を増やします。
便が増えると、大腸が刺激され、排便がスムーズになります。
便秘の解消にもつながり、腸内のデトックスができます。
また不溶性食物繊維を含む食材は噛み応えがあるためよく噛むことで満腹中枢を刺激し満腹感を得られやすかったり、
消化に時間がかかり腹持ち良くお腹が空きにくくなるためダイエットに繋がりやすくなります。
また、えんどう豆にはビタミンB1、ビタミンB2が多く含まれています。ビタミンB2は鶏胸肉とほぼ同量の含有量となっています。
ビタミンB1は糖質、ビタミンB2は糖質・脂質・たんぱく質を効率的にエネルギー転換するために必要な栄養素です。
このビタミンB2は、脂質の摂取量が多い人ほど不足しやすいビタミンです。
同様に、ダイエットなど食事制限をしている場合も不足がちになりますが、
十分に摂取することで肥満の原因である脂質をスムーズに代謝させる効果が期待できます。

糖質制限している人にはえんどう豆は危険!?

えんどう豆はカロリーが148kcal(可熱食100gあたり)で糖質は25.2gと、
米や小麦などの穀類と同様豆類の中でも糖質を多く含む食材です。
糖質制限食では、糖質を1食20-40g、間食なら10g以下、1日70-130gに制限して、
エネルギー無制限、脂質無制限、蛋白質無制限、食物繊維無制限としますので、
摂取するえんどう豆の量が多くなると糖質を摂りすぎてしまう可能性があります。
糖質制限をしている人にはえんどう豆の摂取は気をつけた方が良いと思われます。

ダイエット効果だけではない!女性に嬉しいえんどう豆の効果効能とは?

β-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの一種で、えんどう豆にも含まれています。
これは抗酸化物質として働く他、体内に入ると小腸から吸収され、
皮膚や粘膜の補強・肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常化する働きなどに効果があるビタミンAに変化します。
そのため美肌につながる効果も期待できる成分です。また、ミネラルの一種であるカリウムは特にナトリウムと拮抗的に働き、
細胞内に入った過剰なナトリウムを排出する役割を担っています。
ナトリウムの浸透圧調整が高血圧の予防につながったり、利尿効果によるむくみの改善につながったりします。

えんどう豆でダイエットを成功させる食べ方、掛け合わせ食材、調理法は!?

ビタミン群は加熱するとその要素が流れ出てしまうので、えんどう豆を加熱する際は茹でるよりも焼いたり蒸したりして調理するのが良いでしょう。
ビタミンB1はネギやニンニク、玉ねぎに含まれるアリシンと結合してアリチアミンになると吸収率がアップします。
また、ビタミンB2はビタミンB6など他のビタミンB群と一緒に摂ることで相互にその効果作用を助け合います。
レバーやマイタケ、厚揚げなどと一緒に調理するのが良いでしょう。
また、不溶性食物繊維は長時間加熱することでその量が増えることが期待できるため、蒸し料理が適していると思われます。

えんどう豆でダイエットを失敗させてしまう食べ方、掛け合わせ食材、調理法は!?

ビタミン群は加熱することで流れ出てしまうため、茹でる調理は向いていません。
茹でる際はその茹で汁も摂取できるようスープなどにすると良いでしょう。
また、アルコールには、ビタミンB1の吸収を阻害する作用があるため、
お酒のおつまみなどで摂取しようとすると効率的に吸収できなくなることが予想されます。

えんどう豆をお勧め出来る人、お勧め出来ない人の特徴は?

お勧めできる人は、便秘気味で代謝が落ちている人です。また、むくみやすい人にも効果が期待できると思います。
お勧めできない人は、まず糖質制限中の人が挙げられます。
また、ピーナッツアレルギーがある人には豆を摂取することでアレルギー反応の5%の危険率があると言われています。

-ダイエット野菜, 知られていない野菜の豆知識, 野菜一覧
-,

Copyright© 世界の野菜〜知って得する豆知識〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.